【アイホール】OFFICE SHIKA MUSICALによる雑踏音楽劇『ネオンキッズ』上演中!21日(月祝)まで

公開日:2022年03月19日

3月18日(金)から、アイホール(伊丹市立演劇ホール)で「日本劇作家協会プログラム OFFICE SHIKA MUSICALによる雑踏音楽劇『ネオンキッズ』」が上演中です。21日(月祝)まで。

アイホールウェブサイトより

丸尾丸一郎氏(劇団鹿殺し)、初のオリジナル・ミュージカル

本作は、アイホールでも何度も公演を行っている「劇団鹿殺し」の丸尾丸一郎氏が脚本・演出を手掛け、眠らない街「トーキョー」を舞台に、居場所を失った若者たちの物語を描く「オフィス鹿」初のオリジナルミュージカルです。

舞台は眠らない街、トーキョー。

家や学校、社会で居場所を失った「ネオンキッズ」と呼ばれる若者たち。

彼らは自由気ままにダンスを踊り、SNSを介して輪は広がっていった。

「表界隈」と「裏界隈」と呼ばれる派閥の闘争、「夜光虫」と名乗る大人たち。

いつしかネオンキッズたちは犯罪に手を染めることになる。

「まるで水中にいるみたい。なんで苦しいんだろう」

(公演ウェブサイトより)

丸尾丸一郎プロフィール(主な経歴)

作家、演出家、俳優。

菜月チョビとともに「劇団鹿殺し」を旗揚げ。以降全作品に出演。

劇団鹿殺し第四回公演『愛卍情』以降、全作品の脚本を手がける。

2011年、十周年記念公演第一弾『スーパースター』で第55回岸田國士戯曲賞最終候補に選出。

役者として、PARCO presents「カフカの『変身』」(主演:森山未來)、映画「モテキ」(大根仁監督/主演:森山未来)、舞台「リンダリンダ」(作・演出:鴻上尚史/主演:松岡充)等に出演。

2015年には「残酷歌劇-ライチ☆光クラブ」で脚本を担当する。

作・演出として、舞台「ジルゼの事情」(2014年/主演:Cocco)、NHKラジオ「劇ラヂ!ライブ」、映画「ピースオブケイク」(田口トモロヲ監督)劇中劇を手がけ、さらに砂岡事務所プロデュース「絵本合法衢」、乃木坂46主演舞台「墓場、女子高生」で演出をつとめるなど、ジャンルを超えた作品作りに定評がある。

(エンタメ系 WEBマガジン「omoshii」より一部引用)

経歴詳細

振付は、辻本知彦氏、音楽は伊真吾氏

振付は、幅広い分野で多岐に渡って活動するダンサー・振付師、辻本知彦氏、音楽は、舞台、ミュージカル、映像などの音楽を多く手掛ける音楽クリエイター、伊真吾氏が務めています。

辻本知彦プロフィール(主な経歴)

シルク・ドゥ・ソレイユに日本人男性ダンサーとして初起用(2007年)

2011年からの『Michael Jackson The Immortal World Tour』27カ国485公演に参加

東京2020オリンピック開会式出演

米津玄師のMVやライブツアーでの振付、第69回NHK紅白歌合戦での米津玄師『Lemon』の菅原小春への振付

2021年大河ドラマ『青天を衝け』オープニングダンス振付

CM(ポカリスエット、UQモバイルなど)の振付

舞台『千と千尋の神隠し』への出演

TBS系『情熱大陸』、NHK総合『NHKスペシャル』、Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達』などの各メディアへの出演も多数

有名アーティストからのオファーも多く、ミュージシャン、タレントにもダンス指導、振付を担当

(辻本知彦ウェブサイトより一部抜粋)

経歴詳細

伊真吾氏プロフィール

音楽クリエイター。

バンドサウンドを軸にシンセサイザーやオーケストラ楽器を融合させた楽曲作りが特徴。『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵—大坂冬の陣—などの舞台やミュージカル、映像などの音楽を主に手がけている。

(伊真吾ウェブサイトより引用)

経歴詳細

AKB48メンバーが出演

公演Twitterより

今回の舞台は、メインキャストに、AKB48の3人(岡部麟、小田えりな、下尾みう)が出演することでも話題。

持ち前の歌とダンスを武器に、「トーキョーで必死に生きる少女たち」の物語をミュージカルでみせてくれます。

上演時間によって、「消灯バージョン」と「点滅バージョン」があり、で、エンディングを含むストーリーの一部が異なるとのこと。

公演Twitterでは、最新情報をアクティブに続々更新中ですのでこちらも要チェック。伊丹の名店紹介なるものも!

東京公演を終え、伊丹でこの公演を観られる貴重な機会。どうぞお観逃しなく!

開催概要

日本劇作家協会プログラム OFFICE SHIKA MUSICAL 雑踏音楽劇『ネオンキッズ』

日時

2022年
3月18日(金)19:00 S
3月19日(土)13:00 S/18:00 T
3月20日(日)13:00 T/18:00 S
3月21日(月祝)12:00 S/16:30 T
S:消灯バージョン
T:点灯バージョン
※「消灯バージョン」と「点滅バージョン」で、エンディングを含むストーリーの一部が異なる

会場

アイホール(伊丹市立演劇ホール)
伊丹市伊丹2-4-1

チケット

【全席指定】
前売券:5,000円
パンフレット付前売券:6,400円
台本付前売券:6,400円
パンフレット+台本付前売券:7,800円
ヤング券(22歳以下):3,500円

  • 「パンフ付き前売券」は公演パンフレット(販売価格1,500円)を、「台本付き前売券」は上演台本(販売価格 1,500円)を劇場にてお渡し
  • ヤング券は22歳以下の方が対象。会場受付にて身分証の提示要。
  • 各回枚数制限あり(受付順に配席を行う)

チケット取扱

特設サイト
チケットぴあ
イープラス
ローソンチケット
カンフェティ

お問い合わせ

オフィス鹿
TEL:03-6265-8518
メールアドレス:ticket@shika564.com

URL

公演ウェブサイト
公演Twitter

ライター:

最新情報を定期的に配信!

友だち追加

NEW POST最新記事

NEWSお知らせ

「みっけ」バルスタイルプロジェクト