PUFFYが(色んな意味で)嵐を巻き起こす!熱狂の「ITAMI GREENJAM’19」DAY1リポ!

2019年09月22日

台風17号の接近で開催が心配されていた、伊丹が誇る無料ローカルフェス「ITAMI GREENJAM’19」。

1日目となる9月22日(日)、無事に開催されました!
いや~よかったよかった。

今回は我々ITAMI ECHOも取材用のプレスパスをいただきましたので、早朝から気合込めて会場の昆陽池公園へ自転車で向かいました。

早朝のGREENJAMステージ。静かに時を待っているかのようです。

ステージの傍らではいつものように体操をする人たちの姿。
なんだかのんびりしています。

マーケットエリアも準備が進んでますね。

そして午前10時、ITAMI GREENJAM’19 DAY1スタート!
メインMCはFM802「BEAT EXPO」の竹内琢也さん!

続々とお客さんがやってきています。

マーケットエリアも賑わってきました。

朝から特に行列ができていたのがこちら。

松谷化学工業の手作りスライム工作コーナー。

でんぷんからスライムを手作りできるとあって、子どもたちに大人気でした。

オフィシャルスポンサーのTOYO TIRESはTOYOTAのフォトジェニックHILUXを展示!
これは映える~!

ステージの向かいではオフィシャルグッズも販売してます。

その近くではドリンクブースも充実。

日本盛もブースを出展。ビールもいいけど日本酒もイイね!

ステージ横のエリアではみなさんテントを張って、ゆる~りと楽しんでます。
まさにGREENJAM CAMP!

そしてこちらがKIDS JAMゾーン。
子ども向けの様々なブースが出ています。

ボウリングのような的あてゲームや、

子どもたち大好き!な、大きいわたがしも。

JOY SOUNDブースでは、ちびっ子向けカラオケが。歌い終わるとちゃーんと得点がでるという、本格的な採点カラオケでした。

さてさて、このITAMI ECHOの運営母体であるecho fieldsでもブースを出展しておりまして、

シルクスクリーン工房「レトロ印刷」とのコラボレーションで、シルクスクリーンの体験ワークショップを開設しました。

自分で描いた文字や絵をその場で製版。

版を枠に取り付けて、

その上からインクを伸ばすように刷ると…

ほ~れ、この通り!世界に一つだけのオリジナルグッズの完成だっ!
まあオシャレ~!インスタ映えも間違えなしっ!

ちなみにECHOブースのお隣は、「虫のイイラジオ」で僕たっきーのアシスタントをしてくれた、ゆみちゃんのお店「ラフエイジア」でした。

あちこちウロウロしているうちにお昼も過ぎ、お腹も減ってきたので多目的広場のフードエリアへ移動。
ところが!写真を撮りすぎたためデジカメのバッテリーが終了するという悲報…。

急遽手持ちのスマホで撮影しました。
お昼は「こしん」の焼きそばと冷たいビール!
自家製麵の焼きそばはモチモチしていてウマイっ!

そんなこんなのうちに本日のメインイベント、PUFFYのステージが近づいてきましたので、メインステージへと戻ります。

が!ライブ30分前というのに人が多すぎてステージへ近づけないっ!
なんとか人込みをかき分けて、ステージ近くの場所を確保。

このイベントのボスである、GREENJAM代表の大原 智さんとMC竹内琢也さんとのトークセッションの後、
いよいよPUFFYの登場!!

もうステージの遥か彼方まで人の波ができています。

あまりの熱気のせいか、ステージの途中から大粒の雨が降り出しちゃいましたが、
「愛のしるし」「渚にまつわるエトセトラ」「サーキットの娘」「アジアの純真」などなど、繰り出すヒットナンバーの数々で会場は雨を吹き飛ばすほどの熱狂の嵐に包まれたのでした。

熱狂の様子をカメラでバシャバシャ撮っていると、背中をトントンする気配が。
誰やねん?と振り返ると、そこには藤原保幸伊丹市長が!?
完全プライベートでPUFFYのステージを見に来られていたようです。

このほかにもステージでは弱冠12歳の天才ウクレレ少年、近藤利樹君(超絶ウクレレテクニックとほんわかしたトークとのギャップが最高!)や、伊丹出身の女性アーティストReiなどが出演、
PUFFYのあとも、SOUL FLOWER UNION、TOEとステージが続き、時折晴れ間も見えるコンディションで無事開催された「ITAMI GREENJAM’19」DAY1でしたが、

DAY1はまだまだ終わらない!

夕闇迫る午後5時からは、多目的広場のフードエリアで「GREENJAM 盆 DANCE」がスタート!

摂津音頭保存会の皆さんの協力のもと、広場中央に特設された櫓を中心に盆踊りがスタート!

しかし「GREENJAM 盆 DANCE」はこれだけで終わるわけがない!

なんと盆踊り第1部が終了したあとは、「TKタイム」がスタート!

櫓の上が小室サウンドを流すDJブースに早変わり!

途中からはTKサウンドに合わせて祭り太鼓が打ち鳴らされるわ、櫓の周りでみんながなぜか盆踊りを始める(決してダンスではないww)わで、まさにカオスな状態に。

広場内にある「スナック なほ」では、

カラオケで絶唱するという、ますますカオス状態(笑)。

超ハイテンション状態で盛り上がる盆ダンスを見ながら、焼肉八七〇の牛すき煮と豚ミンチカツをオカズに冷たいビールをグビッ!

やっぱフェスはビールっすねえ~(笑)

TKタイムの後は、ふたたび盆踊りで盛り上がる会場。

…ん!?鳥がいるぞ、鳥が!?

そんなこんなでGREEN JAMの夜は更けていくのでした。

 

さあ、明日の天気、というか台風の進路が気になるところですが、果たしてDAY2は無事に開催されるのか?

みんな!強力なてるてる坊主を準備だっ!(笑)

[文・たっきー@ECHO]

NEWSお知らせ

ITAMI ECHOサイトのリニューアルを順次進めています。仕様や機能の一部を除き公開しました。(2020.10.11)

「みっけ」バルスタイルプロジェクト

NEW POST最新記事