ふとん太鼓がよいやさ~!!秋の宮前まつりに行ってきた

2019年10月22日

まいどっ!「となりの人間国宝さん」に認定されました、たっきー@ECHOです!

秋の伊丹はイベント盛りだくさんですよね~!
ということで、今回は10月13日(日)に開催された「秋の宮前まつり」の模様をリポート!

前日の12日(土)は台風19号接近の影響で残念ながら中止となりましたが、13日は徐々に晴れ間が広がるお祭り日和に。

1日開催になったからか、人出もなかなか多いです。

屋台や模擬店も多くの人で賑わっていました。こちらは「ぷにょたますくい」。

いっつも思うんですけど、「ぷにょたま」って何?どうやって遊ぶのん?(笑)。
→正体は「吸水ポリマー」らしいっす。

毎回行列のできるジャンボわたがし。顔よりもでかい!

こちらは「よ~いドン!」にも登場していた「タンドリーディライト」。

「kappoむらい」のお姉さんたち。ビール旨かったっす(笑)。

エフエムいたみスタジオ前では「Sun Sun Radio」の生放送中。
この日は「二次会はお任せ」大内康弘さんと「Hey!Say!JUMP 大好き」馬屋原圧子さんのコンビでお送りしていました。

さて、なぜか大内さんの服装がハチマキに法被姿!?

そんなことを考えてるうちに「宮前ふとん太鼓」がやってきました!

アイフォニックホール前では伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団のメンバーがお出迎え。

そして大内さん、生放送中にふとん太鼓の担ぎ手に挑戦!よいやさ~!!

って担いでへんやん!(笑)。ただひたすらふとん太鼓の横について歩く大内氏。
終わった後に聞いてみると「担げる隙間がなかった…」とのこと。また来年頑張りましょう。

ことば蔵前で「よいやさー!よいやさー!よいやーさー!!」で太鼓を担ぎ上げたところでお昼休憩。

お昼休憩の時間を使って、前日できなかったお菓子まきがスタート!

太鼓の上から豪快にお菓子がまかれます。

太鼓の下はお菓子をもらおうとすごい人!ちびっ子たちはお菓子をもらえたかな?

お菓子まきも終わって、少し人混みが少なくなったころ、猪名野神社の神輿も登場。

神輿を見送ったところで猪名野神社の参道へ。

参道には露店が並んでいて、こちらも賑わってました。

再び宮ノ前通りへ戻ってきました。
「となりの人間国宝さん」でたっきーを紹介してくれたみつづみ書房。
この日だけで10人以上に「テレビ見たよ~」って声をかけられたらしいです。

歩き回ってちょっとお腹も空いてきたので「扇」でラーメンをいただきました。
旨かった!旨すぎて写真撮るのを忘れた(;^ω^)

さらにビールと「たんでん」の唐揚げ。
どーして唐揚げとビールはこんなに合うのだろうか?神の組み合わせですな。

こちらはエフエムいたみのフリーマーケット。ボランティアの市民スタッフが出店していました。

フリマ以外にも輪投げやくじ引き、ヨーヨー釣りなんかもやってました。

伊丹郷町商業会では宮城県名取市の特産品の販売ブースも。

そうこうしている間にふとん太鼓が宮ノ前通りに帰ってきました。

乗り子の子どもたちも頑張ってます。
ちなみに乗り子たちは祭りの間は神様と同じなので、一切地面に降りることは許されないそう。
休憩やトイレに行くときは担ぎ手さんがおぶって移動するんです。

アイフォニックホール前の交差点で、ふとん太鼓と猪名野神社の神輿がすれ違い!
これはなかなかレアなシーンですね~。

しばらくこのままふとん太鼓を追いかけてみることに。

宮ノ前通りを三軒寺前広場方面へ進んでいきます。先導の提灯持ちもかっこいいです。

三軒寺前広場を老松酒造の前でぐるりと回って東の方面へ向かいます。

老松酒造前では、日本酒の試飲販売や奈良漬けの販売ブースがありました。

ふとん太鼓は酒蔵通りへ進んで「アンシャンテ」前へ。ここでいったん休憩です。

ふとんの上で拍子木を打ち鳴らす西田総代。カッコいいですね~。
ちなみにこの後は酒蔵通りをJR伊丹駅前アリオまで進み、夕方再び宮ノ前通りに帰ったのち、猪名野神社への宮入りとなります。

1日めは残念ながら中止になってしまいましたが、13日は天気にも恵まれ、暑くも寒くもないという絶好のお祭り日和、巡行日和となった「秋の宮前まつり」会場からのリポートでした~。

[文・たっきー@ECHO]

友だち追加

NEWSお知らせ

ITAMI ECHOサイトのリニューアルを順次進めています。仕様や機能の一部を除き公開しました。(2020.10.11)

「みっけ」バルスタイルプロジェクト

NEW POST最新記事