「第21回伊丹まちなかバル」で何軒回れるか挑戦してみた(その2・伊丹オトラク編)

2019年11月18日

まいどっ!「となりの人間国宝さんNo.4862」たっきー@ECHOでございます!

今回は10月19日(土)に行われた「第21回伊丹まちなかバル」で、果たして1日で何軒のお店を回れるのか?何杯飲むことができるのか?を挑戦してみる企画、前編の模様はこちら↓

「第21回伊丹まちなかバル」で何軒回れるか挑戦してみた(前編・昼飲み編)

さて今回は2回目です。このペースだと多分3回くらいのシリーズになりそうです(笑)。

昼飲みだけで3軒を回ったところで小休止。
再び三軒寺前広場に戻ってきました。

広場には毎回ゲームコーナーを設置しているトーヨータイヤのブースが。
今回は輪投げゲーム。

タイヤの上に作られた的に輪っかを5回投げます。入った点数に応じて賞品をゲット。
100点以上なら2等賞でしたが…

ハイ。見事に惨敗…

でも3等賞でトーヨータイヤのマスコット「わっくま」のステッカーをいただきました。

輪投げコーナーの横には、いかにもSNS映えしそうな車が展示されてました。

さてさて、伊丹まちなかバルが他のバルイベントと大きく違うところは、バルエリアの各所で様々なアーティストが演奏を繰り広げる「伊丹オトラクな一日」が同時に開催されるところ。
お店の中で美味しいごはんやお酒と一緒に音楽も楽しめたり、お店探し中に演奏に出会ったりと、そういう楽しみ方ができるのがいいですねー。

ちょうどクロスロードカフェ前ステージでは「Cocodrilo(ココドリロ)」が演奏してました。

三軒寺前広場には伊丹まちなかバルの本部ブースも。ここで予約チケットの引換や、当日券も購入できます。
「とっくりん」も置いてあります。

本部の横には各参加店のメニュー一覧も掲示されてました。メニュー変更や完売情報なども随時更新されるので、ここでお店情報をチェックしながら作戦を練る人たちの姿も。

まだ次に行く予定のお店のオープンまで時間があるので、伊丹アイフォニックホールの「オトラクピクニック」へ。

西台の梅園公園で開催する予定でしたが、雨模様のためこちらに変更になった模様。

子ども向けワークショップと3組の演奏があるみたいでした。

中に入ってみると、たくさんの親子連れが!

「カラフルミニドラムを作ろう!」という子ども向けワークショップを開催してました。

「ウミネコ楽団」の演奏は終わってましたが、コントラバスの演奏体験などもあって、ちびっ子たちも楽しんでましたよ。

アイフォニックホールから三軒寺前広場方面へ戻ります。

途中でもオトラクアーティストを発見!
みやのまち4号館前では「BABY BABY」のお2人が。

再び戻ってきた三軒寺前広場では「激団モンゴイカ」が演奏中。
まだメンバー全員そろってません。なかなか独創的な楽器を使ってます。

こちらは金子鉄心さん。
この楽器は「イーリアンパイプス(アイリッシュバグパイプ)」っていうらしいです。

ひがし商店街のボントンビル前では「クロマチックハーモニカ 矢木秀行&ギター 松本京介」ユニットの演奏が。

さてさて、オトラクを楽しみながらブラブラ歩きしているうちに、4軒目のお店が近づいてきました。

…が!今回はここまでだ!

いったいいつまで続くこのリポート(笑)。
次回へ続く(キートン山田風)。

[文・たっきー@ECHO]

NEWSお知らせ

ITAMI ECHOサイトのリニューアルを順次進めています。仕様や機能の一部を除き公開しました。(2020.10.11)

「みっけ」バルスタイルプロジェクト

NEW POST最新記事