緑ヶ丘公園の河津桜が開花してる

2020年02月07日

緑ヶ丘公園に植えられている河津桜が開花しているとの情報をいただいたので、早速見に行ってきました。

↓こちら。

確かにちらほら咲き始めています。

クローズアップした河津桜。きれいに咲いてますねー。
河津桜というのは、その名の通り静岡県伊豆半島にある河津町で発見された早咲きの桜で、2月上旬~3月上旬にかけて見ごろを迎えるらしいです。
ちなみに市内でここの他、笹原公園や昆陽南公園、伊丹スカイパークなんかにも植えられているみたいです。

緑ヶ丘公園といえば梅林が有名で、約50種400本の梅が2月~3月にかけて色とりどりの美しい花を咲かせていて、梅見を楽しむ人や「梅にウグイス」という、まるで花札のようなシチュエーションの写真を狙うカメラマンで賑わっていましたが、ウメ輪紋病のウイルスが発見されたため、2015年3月に残念ながらすべて伐採されてしまいました。

現在はその梅林跡地に約29種100本の桜が植えられ「さくらの丘」として生まれ変わりました。
まだほとんど苗木状態なんですが、数年後には桜の名所になるんでしょうねー。

で、河津桜があるのは上のマップのAゾーン。
例年ならば2月の中旬ごろから咲き始めるみたいですが、今年は暖冬の影響か少し早い開花になったようです。

そしてこれが伊丹市役所から移植されてきた河津桜。
元々は伊丹市役所北側の広場内に植えられていたんですが、市役所本庁舎の建て替え工事のために移植され、緑ヶ丘公園にやってきました。

[blogcard url=”http://www.city.itami.lg.jp/SOSIKI/anzenansinsesakusuisinhan/tyousya/1549429457639.html”]

 

ちなみに河津桜のあった市役所前広場の今の様子はこんな感じ。
整地作業が進んでました。

こっちの方は開花が少し遅いようで、まだ蕾状態。でもかなり膨らんできていますね。
この週末はやっと来た寒波の影響で開花も足踏み状態になりそうですが、来週の週末あたりには開花が進んできそうです。

市役所からやってきた河津桜があるのはこのあたり。
正面にあるのは鴻臚館、手前を左に曲がると下池の亭(ちん)があります。
丸い形の石垣があるのが目印です。

本格的に咲き始めるのは来週の連休過ぎからになりそうですが、咲き始めから満開までの期間が1ヶ月ほどあるのが河津桜の特徴らしいので、3月中旬くらいまではちょっと早めのお花見が楽しめるのではないでしょうか。

[文・たっきー@ECHO]

NEWSお知らせ

ITAMI ECHOサイトのリニューアルを順次進めています。仕様や機能の一部を除き公開しました。(2020.10.11)

「みっけ」バルスタイルプロジェクト

NEW POST最新記事