取材|伊丹にストリートピアノがやってきた!

公開日:2021年07月19日

皆さん、ストリートピアノってご存知ですか?

駅や公共施設、ショッピングセンターなどに設置され、「誰でも自由に弾いてくださいね」というピアノです。

イギリスで発祥し日本では2011年に鹿児島市で設置されたのが最初とされますが、そこから各地に広がっています。最近では、各地のストリートピアノを巡る人がいたり、演奏の様子をYouTubeを通して発信する人もいます。

ストリートピアノがついに伊丹に!

そんなストリートピアノが、ついに伊丹にも設置されました!

わぁ、どこにどこに!?

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 07e2ee43ca6eeef8a2b09f98d8478f16-1.jpg
いいね!viva伊丹商店街」Facebookページより

はい、伊丹市中央にある「ViVa伊丹サンロード商店街」の中ですよ~。7月4日(日)に華々しくオープンしました!

さっそく行ってみましょう♪

阪急伊丹駅から商店街に入ると、左側の通りになります。お肉屋さんや漬物屋さんのある「サン専門店」エリアです。あっ、通りから一つ奥まったところには魚屋さんがあり……その奥です!

「いいね!viva伊丹商店街」Facebookページより

赤いカーペットに燦然と黒く輝くグランドピアノ!!

すごい存在感です。アップライトではなくまさかグランドピアノだったとは!

「せっかく置くならグランドピアノがいいって言ったんです。やはり目玉になるものでないと」とおっしゃるのは仕掛け人のお一人、「Mariミュージックランド」の吉澤真理さん。

ピアノを習っている人でなければ、なかなかグランドピアノに触る機会ってないのではないでしょうか。学校にあっても何だか近寄りがたかったり……。本当に誰でも弾いていいんですか?

「どうぞどうぞ!よかったら掲示しているQRコードを読み込んでSNSで発信してくれたら嬉しいです。自撮り棒もありますよ」とおっしゃるのは、「伊丹サンロード地区まちなか再生協議会」会長の村田周用さん。

このお2人にお話を伺いました。

集える場所がほしい、もっとこの商店街を知ってほしい。

商店街は日々の買い物だけでなく、色々な目的で人が訪れます。ところが新型コロナウイルス感染防止の影響で、これまで来街者の憩いの場だったイートインスペースが閉鎖されてしまいました。

やはり皆が集える場所がほしい、そして商店街の空きテナントも活用して、もっとこの商店街を知ってもらいたい。そこから、ストリートピアノ設置検討が始まりました。

村田さんによると、商店街周辺にはピアノ教室がいくつもあり、ピアノを置けばきっと活用されるだろうと見込まれたそうです。

また、「音楽と伊丹は相性がいいはず」という想いもあったとか。伊丹まちなかバル×伊丹オトラクITAMI GREEN JAM各公共ホールでの音楽イベントの充実など……本当にそうですね!

7月4日(日)にオープニングセレモニー

そして、6月末にピアノを設置し、7月4日(日)にオープニングセレモニーを開催!当日は、Mariミュージックランドの生徒さんたちが演奏を披露してくれましたよ。

オープニングセレモニーの様子はいいね!viva伊丹商店街のFacebookページからもご覧いただけます。

どなたでも気軽に弾いて!

ちょうど取材時には、「ストリートピアノのサイトで知りました!」と、女性がお2人いらっしゃいました。

連弾で華やかな音色が商店街に響き、道を通る人達も覗いていかれていました。こんな光景がこれから、商店街の日常の一コマになっていくといいですね。

このお2人は、大学時代共にピアノを学んだ仲で、家事・育児に奮闘しながらピアノデュオを組み、「La Mere/ラ・メール(フランス語で母という意味)」というユニット名で活動されているそうです。是非チェックしてみてください♪

ラ・メールSNS
YouTube
Instagram
Twitter

演奏可能時間は10時~18時。毎週火曜日は商店街の定休日ということで、ストリートピアノもお休みです(盆や年末年始など多少の変動あり)

まずは年末まで設置し、好評なら継続されるとのことです。近隣のお店の協力もあってのピアノ、利用にあたってのルールもありますので守って弾いて下さいね。

現在は「伊丹サンロード地区まちなか再生協議会」が企業の協賛を得て運営されていますが、「このピアノが伊丹の名所の一つになるように」とお話は広がりました。

「来街者の憩いの場になったり、SNSを通じて商店街を知ってもらうきっかけになるだけでなく、人が集い自由に楽しく弾いてもらううちに、ここでこんなイベントをしてみたい!こんな楽しいことが出来るなら別の場所にもピアノを置きたい!というような新たな広がりが、市民から生まれれば嬉しい。既存の伊丹でのイベント組織とも足並みを揃えて、伊丹の街全体が盛り上がるきっかけにしていきたい」と語ってくださる村田さん、そしてご自身の運営なさるピアノ·エレクトーン教室を拠点とし、「音楽活動の普及にも関わっていきたい」とおっしゃる吉澤さん。

お2人での楽しいノリツッコミの会話にも、これから始まるストリートピアノへのワクワクが感じられました。

まずは、ViVa伊丹サンロード商店街のこの場所に、ストリートピアノがあることを市民の皆さんに知っていただきたいですね。

企業・個人での御協賛も募っています。「伊丹サンロード地区まちなか再生協議会」までお問い合わせください。イベント企画の持ち込みも大歓迎とのこと!

ピアノはどなたでも気軽に弾いていただけます。ピアノを勉強中の人、好きだけどしばらくピアノから離れていた人、弾けないけどピアノに触れてみたい人……そっと一音、出してみたり耳を傾けてみたり。

そこから何が始まるのでしょうか。伊丹のストリートピアノ、楽しみです♪

会場

ViVa伊丹サンロード商店街「サン専門店」エリア

伊丹市中央5-3-1あたり


ライター:

友だち追加

NEW POST最新記事

NEWSお知らせ

「みっけ」バルスタイルプロジェクト